2009年12月01日

<Aud>内藤vs亀田戦43.1%…数字を持っていたのは大助では!

★このトピックを音声でお聞きになりたい方は▼の再生ボタンを押してください!


★iTunesのポッドキャストに登録すると、毎回自動ダウンロードされ、iPodでもご視聴いただけます!iTunesをインストールしてある方はこちらからワンタッチで登録できます!
又は「iTunes」→「詳細」→「Podcastを登録」で下記のRSSフィードを入力して下さい!
Podcast登録RSSフィード…http://nikkan-terry.seesaa.net/index20.rdf



posted by Tokyo Gag Writer's Band at 14:00| 東京 ☀| Comment(1) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まぁ内藤選手としては亀田選手との因縁対決で「歴史」と「お金」を残したかったのでしょう。アマチュアではなくプロだから素晴らしいことです。試合内容も良かったし、大いに話題になり、視聴率もとても高かった。良い事ずくめです。

やはりプロ格闘選手は単に強いだけ、上手いだけではダメです。お客を集める「何か」を持たないといけない。古くはモハメド・アリやアントニオ猪木、以前のアンディ・フグや最近ではボブ・サップ、吉田秀彦、魔裟斗ら(敬称略)が、集客力のある格闘家でしょう。

もちろん内藤、亀田両選手にも観客を呼ぶ「何か」がある。今後の展開にも期待が持てそうですね。
Posted by 片頭痛 at 2010年01月03日 21:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。